最近の出来事

まめ子の大豆栽培日記No.1「ペットボトルで大豆作りに挑戦!」

女性部

「まめなかな」という言葉を皆さんは聞いたことがありますか?

はじめて聞いたという方も多いと思います。

「まめなかな」とは、飛騨地方の方言で「お元気ですか」という意味です。

日本における大豆の自給率は2018年のカロリーベース計算によると、たった6%なのです。

そんな自給率の低い大豆の栽培・収穫・加工体験を通じて、食や農の大切さを伝える運動が「まめなかな運動」です。


ちょっと難しい話はここまでにして、本題です。

大豆栽培に農業初心者の私「まめ子」が挑戦!

今回はお家で簡単にできるペットボトルを再利用した手作りポットを使います。

自分だけのオリジナルポットで楽しい大豆栽培のはじまりはじまり~!


ポットに土を入れたら指で穴をあけて大豆を3~4粒まきます。

芽が出て1週間経つまでは袋を被せて、鳥に芽が食べられないよう、大事に守りましょう。


無事に育ってくれるかな~。ドキドキ、ワクワク♪

これからの成長が楽しみです。


順調にいけば9月頃に枝豆として収穫できる予定です。ビールのおつまみには最高ですが、今回は大豆栽培が目的なので涙を飲んで枝豆は我慢!

10月~11月の収穫をじっくり待ちましょう。


ペットボトルポットの作り方はJA岐阜中央会のホームページで公開されています。

家族でぜひ挑戦してみてくださいね!


外部サイト学習冊子「大豆まめなかなブック」(JA岐阜中央会)

     :家庭栽培用リーフレット「大豆まめなかなブック+プラス」(JA岐阜中央会)